サウダーヂな夜

ずる。

  • BID114|2018年08月03日


私はねずみを殺せない。ゴキブリとムカデまでは殺せるけれど、触感のリアリティを感じるともうダメだ。それは私のNGゾーンなのである…。自分の胸を圧迫するようなやるせなさに襲われるから。子供の頃に飼っていた鶏を絞める時と同じ感覚。自分の手を汚すリアリティ。

大人になったらお金を払えば、見たくないものは見ないことができるようになったし、役割分担すれば苦手なことは解消する。でも、本当にそれで私は納得しているのだろうか。

私にとって、それはずるなのだ。役割とかではなくて、ずるなのだ。そこにすごいうしろめたさが発生するんだもの。合理性とか効率的とか、私がやるべき仕事じゃないとか、正しいとか間違いとか、そうじゃない。

単なる私の性分の問題。自分の手を汚せる人が私は好きなだけなのである。ただただ、想像力の欠如が生み出すちぐはぐな世界が私は苦手なだけである。

実家での風景を思い出しながら、ねずみを殺せない自分にうしろめたさを感じている。やっぱり、それはずるなのだ。

共感いただけましたら、シェアなどよろしくおねがいします。

香具師 Profile

きり

「ヒバリ照ラス」スタッフ

ひょんなことから毎週日曜日「サウダーヂな夜」の昼営業にて働くことになり、ひょんなことから表町商店街のヒバリ照ラスで働いています。

Other Articles

「週刊私自身」 New Articles

サウダーヂなTOPICS

close

Copyright saudade-ent.com | Developed by dak